×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日記みたいなもの2007/08

見出し一覧

2007/08/13(月)

サイト構成を大幅に変更

見ればわかりますが、h1がサイト名だったのを直しました。そもそもh1をサイト名としていたのは、不思議マークアップをしていたころから使っている自作システム(というほど大げさなものじゃないけど)の名残でして、まともなHTMLを書き出してからも「h1がサイト名でもいいんじゃね?」と思っていたことが原因なのです。しかし、いつからだか「h1がサイト名ってのはおかしいよな」と考え始め、今にしてようやく対応したということになります。

調べてみると、少なくとも200508〜200512まで使っていたスタイル、またそれ以降のスタイルを見る限り、h1がわりと目立たないようになっているため、まあその頃から「h1がサイト名」はおかしいと思ってたんだろうと。つまり2年越しに夢がかなった(かなえた)ということですかね。まあ単純にめんどいから修正しなかったというのが本当のところですが。

この修正に伴い、h1以外にも全体的に若干の手を入れました。classやidを振る要素を変えるなどなので、そんなとんでもないことはやってないと思う。

ついでに、構成変更のため微妙に表示がおかしくなるCSSはalternate stylesheetからはずしました。

今後はこれ以上大きな変更はないと思う。たぶん。

せっかくなので

CSSも新しいものを作成しました。

id修正

2006-12-04と2007-05-11の日記のidがおかしかったので修正しました。id自動セットプログラムがおかしかったみたい。

クレヨンしんちゃんがすごい

これニュースになってたのか。私も見ていて「嘘だろ?」と思った。

4コマ漫画でもたまにこういったことが起きることはあるけど、もともとそういったタイプの漫画でない限り、そうひどいことには繋がらない場合が多い。例えば「ソーセージ☆まーち」という双子が主人公の漫画では、最終回一回前で双子の片方が交通事故にあうという展開になるのですが(こりゃ死んだなと思った)、最終回では普通に生きていました。大概は本当に死ぬなどにはならない場合が多い。(「花と泳ぐ」のような、はじめから若干シリアスなものはまた別だけど。)

私はタウンは基本的に見ていないのですが、偶然8月号(恋人死亡の報を松坂先生が知るところで終わる回)を見ていて、「あー、どうせ実は生きてました的な展開になるんだろうなあ」とか思ってたわけですが、このニュースを見る限り本当に死んでたのか。まあそれはそれとして、もともとクレヨンしんちゃんは子供向けではないと思う。

Firefoxクレカ

若干いまさらな話題だけど。

これはかっこいい。日本でも好きな写真をクレカの表面にいれられるものがあったと思うから、いつかやってみたい。